看護部

回復期リハビリテーション看護の役割


 急性期病院での治療後に、後方支援病院として回復期リハビリテーション病院はあります。回復期リハビリテーション病院の使命は、早期にリハビリを開始し機能回復と在宅および社会復帰への支援です。その中でリハビリ看護が果たす役割は、機能回復につながる日常生活動作の援助、再発予防と健康管理、退院支援と調整であり、人間の基本的欲求に対する援助から在宅および地域に戻られる方のQOLの拡大までと広範にわたります。
 さて当院の看護部理念では「その人らしさ」を掲げ個人の尊厳を尊重し”寄り添う看護”を心がけ実践しています。人に寄り添い、その人の生活に寄り添い支えるリハビリテーション看護はとても魅力的で職員の”やりがい”にもつながっています。教育については新卒者、既卒者に関わらずプリセプターシップによるきめの細かい指導を行い、リハビリ看護の経験がなくても安心して働き続けられる環境づくりを目指しています。看護協会主催の研修会をはじめ、全国回復期リハビリテーション病棟協会に加入し、研究会への参加や発表なども行い教育にも力を入れています。またリハビリテーション医療にはチームアプローチは欠かすことができません。個々の患者様に対し他職種がひとつのチームとして関わることの重要性が理解でき、チームアプローチによる学びも実感できます。
 近年、我が国は他国に類を見ないほどのハイスピードで高齢化が進み、社会の看護師へのニーズと期待は非常に高まっています。その一端を担うべくリハビリテーション看護を共に実践し、共に学びながら自己のキャリアを積んでみるのはいかがでしょうか。  (看護部長  辻 美香子)

看護部理念

         「その人らしさ」を大切にし

        豊かな感性と、思いやりをもって

            信頼される看護を目指します。

基本方針


  1、個人の尊厳を尊重し、日常生活を支援します。
  2、チームで立案する退院支援計画および地域連携への調整など、切れ目のない医療・看護を提供いたします。
  3、多職種と情報を共有し、患者様の目線に合わせたリハビリを提供します。
  4、安全で安心な看護・介護を提供いたします。
  5、教育・研修を充実させ、看護の質の向上に努めます。

看護部紹介


  看護基準:回復期リハビリテーション病棟 T
          13対1看護  看護師比率70%以上
  看護単位:2単位(82床)
  看護方式:チームナーシング・受け持ち制
  看護記録様式:フォーカスチャーティング
  勤務体系:変則2交代制勤務

  <看護教育の考え方>
     社会の変化に伴い、病院から在宅完結型の医療へ移行しつつある現代において、人々のQOLの拡大と
    地域の支援体制の重要性が叫ばれチーム医療の中での看護の向上が求められています。
     当院看護部は、この時代のニーズに応じた看護を提供するために、看護知識、技術の向上とエビデンス
    に基づいた判断力を身に付けることが必要であると考えています。そして個々がその専門性を高め、臨床
    の場で発揮できる職員の育成を目指しています。
  <教育システム>
     臨床看護師の教育システムは、看護実践に必要な能力、「臨床看護実践」「マネジメント」「人間関係」
    「教育・研究」の4つの柱からなるキャリア開発プログラムです。新人のレベルIからレベルIVまでの
    4段階に設定し目標に向かって主体的に学習し自己研鑚を進めていきます。
  <教育サポート>
    集合教育:院内や外部施設を利用して知識や技術の取得ができるようサポートします
    現場教育:新卒、既卒にかかわらずプリセプターシップにより現場看護師が看護実践能力の強化、自立へ
         のサポートを丁寧に行います。
    自己学習:職員個々人がライフスタイルに合わせて学習できるよう、インターネットオンデマンド配信
         システムを採用しています。

 

このページのトップへ