栄養科

サンプル画像
〜『その人らしさ』を食に生かす〜

 患者さんと同じ視点に立ち、一人ひとりの年齢や病態に合わせ、栄養バランスのとれた安全・安心な食事を提供します。
 リハビリに必要なエネルギー量を十分に召し上がっていただき、毎日のリハビリが最大限に活かされるようなお食事の提供に努めております。
 患者さんの嗜好に耳を傾け、きめ細やかに対応させていただきます。

 お食事は毎食、やわらかな日差しが差し込むデイルームにて皆様でお召し上がりいただいております。患者さん同士の楽しげな会話や、お互いを激励するお声がいつも聞かれます。そこは『その人らしさ』がこぼれ出る空間、いつでも家族のように患者さんとスタッフでコミュニケーションがとれる家庭における食卓なのです。

 嚥下障害を認める方へは、「経口摂食推進チーム」が患者さんをしっかりとサポートする体制が整っておりますので、ご安心ください。
 食事の形態は「常菜食」の他、食材をやわらかく噛み切りやすく調理した「軟菜食」をはじめとした、患者さんの症状に合わせた様々な食事の形態を準備しております。

 栄養科は、栄養状態の管理と摂食・嚥下機能に適した食事提供と食事形態指導の役割の他、退院後の食事計画や地域との連携も視野に入れた活動を行ってまいります。

 自宅退院を目標に、介護者(調理者)へ栄養・調理指導を実施いたします。料理のレシピをお渡しするのはもちろん、目標とする料理の分量・形態をご家族と共有し、ご自宅でも反映できる献立・調理方法を親身にアドバイスいたします。
このページのトップへ