栄養室

サンプル画像
〜食は『生きるチカラ』そのもの〜

 患者様と同じ視点に立ち、一人ひとりの年齢や病態に合わせ、栄養バランスのとれた安全・安心な食事を提供します。
 リハビリに必要なエネルギー量を十分に召し上がっていただき、毎日のリハビリが最大限に活かされるようなお食事の提供に努めています。
 それぞれの嗜好に耳を傾け、きめ細やかな対応をさせていただきます。

 お食事は毎食、やわらかな日差しが差し込むデイルームにて皆様でお召し上がりいただいております。患者様同士の楽しげな会話や、お互いを激励するお声がいつも聞かれます。そこは『その人らしさ』がこぼれ出る空間、いつでも家族のように患者さんとスタッフでコミュニケーションがとれる家庭における食卓なのです。
 一年を通じ、病院敷地内の畑で病院スタッフが丹精込めて耕し育てた新鮮な野菜や果物をお楽しみいただいています。毎月の行事食やお好きなパンを数種類お選びいただく「パンセレクト」も人気メニューです。
  病棟には、「専任」の管理栄養士を配置しています。
入院中は栄養管理や栄養指導を行い、退院に向けて献立の立て方・調理方法をなど親身にアドバイスいたします。退院後も『生きるチカラ』である食事に目を向け続けられるように、患者様に寄り添ったコミュニケーションを大切にしています。かかりつけ医への栄養に関する情報提供や、外来での栄養指導を行っています。

 摂食嚥下障害を認める方へは、専門知識に長けた病院スタッフが「チーム」で毎日切れ目なくサポートさせていただいております。食事の形態は「学会分類」に基づき、それぞれの病態に合わせた様々な形態にて提供致します。

このページのトップへ